top of page
product_banner_2018.png
FerRobotics-AAK-501-Active-Angular-Kit-Robotic-Grinder (2).jpg
FerRobotics-AOK-501-Active-Orbital-Kit-Robotic-Sander-side.jpg
FerRobotics-AOK-601-HD.jpg
FerRobotics-AOK-403-XS-Double-Header.jpg
FerRobotics-AAK-515-Active-Angular-Kit-Tool-Changer-90-degree-drive.png
FerRoboticsのActive Compliant Technology(ACT)は、熟練技術を必要とする研磨、研削加工にて、加工中に発生する接触圧(力)の“差”を高速で自律押付力補正し、速い加工スピードが実現でき、また角度による重力荷重差にも影響されることなく、常に設定押付力での研磨/研削加工が出来る技術です。

ACT技術を用いたエンドエフェクタ(ACF)により、加工対象物の寸法公差、曲面形状、非平面に対しての変化を瞬時にストロークの伸縮にて高速で自動補正することで追従し、加工対象物に対し常に設定値の力での接触をキープします。

この技術が装置やロボットの軌道を走るスピードを上げる事が出来る為、加工スピードを上げ、サイクルタイムを改善することが出来ます。また、ロボット研磨、ロボット研削において、ACF自体のストロークの伸縮により押付圧を制御する為、重量のあるロボットのアーム自体を動かして補正を行う必要が無いこともロボット研磨の加工スピード改善をアシストします。さらに、ロボットの角度により変化する重力によるツール荷重も自動補正するので、どの角度からでも常に均一の押付圧をキープし、加工ムラの無い仕上げを可能にし、1ランク、2ランク上のロボット研磨を実現します。


◆ファーロボティクスのACT技術を用いた研磨、研削の自動化による解決する課題
・自動化による人件費の削減、利益の創出
・作業スピードが上がりサイクルタイムを改善
・高品質仕上げを個体差無く再現できる
・今後必ず訪れる熟練作業者不足問題を解消
・従業員の3K仕事からの救済
・危険作業者の採用コスト難も解消
・24時間365日、再現性の高い一貫した作業が可能
・一定押付力による加工で消耗品の消耗量を抑えコストダウンが可能

​◆用途
自動車、航空、鉄道、サニタリー製品、製鉄工場、製缶屋さんの研磨研削工程  
(用途例動画をYouTubeの公式チャンネルにて公開。FerRoboticsにて。)

例:溶接ビード除去、溶接スパッタ除去、足付け作業、塗装前のサンディング、塗装剥離、タービンブレードのポリッシング、サニタリー等セラミック製品のサンディング、ポリッシング、鋳物部品のバリ取り、風車ブレードのポリッシング、アクリルグラスのポリッシング、その他各種バフ研磨、鏡面研磨

◆世界の技術!!世界トップ企業様とのサクセスストーリー
 
アウディ社 自動車ルーフジョイントの研磨
 SEAT社 自動車塗装補修研磨

◆自動車用途での研磨、研削工程
・自動車ボディーのルーフジョイントのレーザーブレージング後のグラインディング
・ドアエントリー部(開口部)の溶接スパッタ除去、スス除去、サンディング、ブラッシング
・補修研磨
・塗装前のサンディング
・ポリッシング
・鋳物、金属、樹脂パーツ等のバリ取り、研磨
【協働ロボットとの使用例】
【パートナー様動画】
bottom of page