top of page
ファーロボティクス用途動画
工場の表面処理工程(ポリッシング、サンディング、バフ研磨、バリ取り、溶接後のグラインディング、溶接スパッタ除去、ビート除去)等を、

ワークのソリ、寸法公差やR形状に関係なく、押付け力を瞬時に自動補正し一定に制御します。また、押し付け時のロボットや対象物の角度等による重力荷重も補正し、一定の押し付け力がキープ出来る技術です。

アウディ社xFerRoboticsのサクセスストーリー 機種:ASK
日々改善が求められる自動車の製造工程において様々な研磨作業が行われています。
アウディ社による成功体験がロボット研磨においてFerRobogticsの高速押付力補正制御技術が世界のトップ企業のお客様に高い評価を得ている証です。
​ルーフのレーザーブレージング後のグラインダー 機種:ASK
ボディーの剛性の向上重要でますます需要が増えてくるものと考えられます。ルーフジョイント部のレーザーブレージング部の狭い隙間を手作業で行うのは非常に困難であった作業を押付力の瞬時制御により自動化を可能にしサイクルタイム、コスト削減に大きく貢献します。
ドア開口部のスポット溶接スパッタ除去 機種:ASKブラシ
ドアエントリー(開口部)の溶接スパッタ除去のサンディング
これまで多くの作業員を導入しスポット溶接スパッタ除去のサンディング作業が行われてきましたが、ロボット化により大幅にコスト改善が可能になります。研磨材の消耗量も削減可能で、消耗品コストが大幅に削減できます。当然、品質においても正確で再現性のある高品質仕上げが可能になり、自動車ボディーの製造工程を大きく改善します。
超熟練技術。補修研磨の完全自動化!! 機種:AOK401,AOK402
超熟練技術である、クリアコートの上からの補修研磨工程もファーロボティクスのACTにより自動化が可能になります。
動画はビジョンカメラにおいて、塗装後の埃、微細な傷の検出を行い自動で補修研磨を行います。
ロボットが視覚、完璧な触覚を持てば熟練作業者以上の働きをします。
​ファーロボティクスのACTは触覚を担当します。
プライマーサンディング AOK501, ACF
​自動車ボディーのプライマーサンディング。塗装前のサンディングが塗装品質を左右します。リアルフォースコントロール(真の力制御)を可能にするACFが、プライマーサンディングを完全自動化し、最高の塗装品質を演出します。
大面積用のトリプルヘッドでのサンディング、ポリッシング。サイクルタイムを劇的に短縮。 AOK601(3ヘッド)
バスタブ表面のサンディング 機種:AOK501, ACF
二輪タンクの溶接シーム除去 機種:AAK501
陶器(トイレ)の表面加工  機種:AOK501,ACF
​プロペラの塗装剥離グラインディング 機種:ACF-K
曲面ギターサンディング 機種:AOK401
大型溶接ビード除去、グラインディング 機種:AAK601
超湾曲表面、インペラの精密グラインディング 機種:ACF
プレス金型の鏡面仕上げ工程 機種:AAK515
オートツールチェンジャーで全ての研磨に対応 機種AAK415,AAK515
ブリスク表面研磨  機種:AAK441
バッテリーケースの溶接痕削り+磨き 機種:AAK501,AOK501
バスタブ表面のサンディング 機種:AOK501, ACF
ダイグラインダーでの塗装剥離ブラッシング!
バフに持ち替え鏡面研磨も完全自動化へ。機種:ACF-K
鋳物バリ取り 機種:AAK501, ACF
大型タンクの塗装前サンディング 機種:AOK501
R形状もサンディング ストーブ部品 機種:AOK501
サンドペーパーチェンジャーステーション 機種:AOK401
bottom of page